横浜周辺で霊園をお探しの方向け~サイト比較 


TOP > 横浜の霊園について > 横浜の霊園でお墓を建てる際にはあまり墓相は気にしないこと

横浜の霊園でお墓を建てる際にはあまり墓相は気にしないこと

 環境的にも気に入った横浜の霊園を決めたら、今度はお墓を建てることになりますが、墓相は気にした方が良いものか、日本人は風習も気になります。まず言えること根拠のない吉凶は、お墓に関してもそうですが深刻に考えないことです。昔からの言い伝えや風習など、ネガ真面目な日本人はお墓を建てる際にも、そういった吉凶や風習を気にしやすい面があります。一段だけの台石では不動産が増えないだとか、棹石でも変わった形だと血糖が途絶えやすいだとか、墓石に黒石は良くないなど、挙げればきりがありません。人間にも人相があるように、お墓のための墓石にも墓相があります。墓石の形や質感に色彩、お墓の向きやポジションなど、実際にお墓を建てる際には、こうした墓相を気にする日本人は多いです。ですが思い込みというのは歯止めの効かない部分があり、気にしすぎてしまい石材店の言うままに、予算オーバーの高額な墓石を購入するようなことはあってはなりません。

 お墓の土地を用意する手続きを済ませたら、横浜の霊園にお墓が出来上がるまでの間、遺骨を一時的に保管する必要が出てきます。最もスムーズな方法は納骨堂や菩提寺での仮納骨する方法であり、遺骨の埋葬が建墓が終わっていないた目できない際には、こうした方法で預かってもらうことが可能です。菩提寺は法要を営む寺院であり、霊園では納骨堂の用意がありますので、お墓が出来上がるまでの期間は、そちらに遺骨を預かってもらうことで問題はありません。建墓までの間はどの家庭でも保管には困るので、その間だけは納骨堂や菩提寺での一時的な預かりはよくあることですし、こうした預ける方法を仮納骨と呼びます。お墓の建立に関しては仮納骨をしたならば、故人の一周忌から三周忌までの間にお墓を建立することを目標として、完成後に納骨するのが一般的です。

 市町村や都道府県による地方自治団体により、運営と管理がされているのが公営霊園であり、横浜にも見つけることができます。霊園のタイプとして公営公園を利用したいのであれば、問い合わせや申し込みは、それぞれの市町村役場や都道府県の窓口にすることです。タイプ的に民営霊園とは異なりますので、利用をするのに随時募集をしているわけではなく、申し込み募集の期間は決まっています。運営は自治体が行うためにあんて性がありますし、寺院墓地や民営霊園と費用面で九売らべてみた時にも、公営霊園は比較的費用は低めの設定です。民営公園でのお墓購入をすることになったら、その時には資格や制限がありますし、立地という面でも若干不便な場所にあることもあります。自治体によっての運営がされているのが公営霊園ですから、永続性の保証は民営霊園よりも高いです。管理費用や永代使用料の金額は、民営霊園と比較をしてみると低めの設定が多くなります。

次の記事へ

カテゴリー

ページトップへ