横浜周辺で霊園をお探しの方向け~サイト比較 


TOP > 横浜の霊園について > 横浜の霊園でのお墓はスタイルも重要に

横浜の霊園でのお墓はスタイルも重要に

 墓地を横浜の霊園で決めたらお墓のスタイルを考えることになりますが、お墓を建てる際に最も重要なことです。日本人の場合は墓石と言えば、昔からよく見る和型の墓石がすぐに頭に浮かびます。和型は日本でのスタンダードですが、デザイン墓石だとか、洋型墓石など、墓石には思いのほかたくさんのデザインがあるので、選択肢も昔よりはるかに多いです。和型の墓石は和風のままで代わり映えしないわけではなく、棹石の加工方法を変更してみたり、付属品の配置を変えてみることで、様相も変わります。故人の目線やお参りをする家族の目線も踏まえて、ふさわしいお墓のスタイルを決めることです。国内で最もポピュラーで伝統的なのは、誰もが知っているスタイルの和型墓石になります。お墓のスタイルとして大きく分けると3つのパターンがあり、和装墓石をはじめ、ほかにはデザイン墓石と洋型墓石です。

 誰もがいつかはお世話になるのがお墓であり、良いお墓をいずれは建てたいと誰もが考えます。失敗のないお墓選びをするためにも、情報を収集するのは大切ですし、横浜の霊園のパンフレットをチェックするのも良いことです。生前のまだ元気に読み書きのできるうちから情報は集めておいて、自分の知識をアップしておくこと、理想のお墓なども具体的に考えておきます。お墓を建てるにあたり考えておくべきなのは、誰に素のお墓を継いでもらうかです。民間霊園にしろ公営霊園でも、もちろん寺院墓地であろうとも、お墓を建てるための条件となるのは、使用権を取得することであり、そのためには永久使用料を支払います。子孫にまでお墓を継承する権利を得られるのが永代使用権であり、決められた管理費用を払う間はずっと有効です。でももしもお墓を継承する人間がいなくなったら、権利はなくなりますので、誰が継承をするかを決めておきます。

 横浜の霊園でもそうですが、お墓を購入するときにかかるのは、墓石の費用だけではありません。永代使用料という墓地使用料も支払いますし、年間管理料も支払う必要があります。最初の1回だけの支払いで済むのは墓地使用料であり、毎年支払い続けるのは年間管理料です。マイホームなどの住宅を購入したり土地を購入する野とは異なり、墓地の購入はそのエリアが本人の所有物となるわけではありません。購入といっても契約で可能なのは、あくまでも取りを利用する権利を手に入れることのみです。もしも墓地が不要となる事態が発生をしたら、購入をした土地であっても元の所有者に返還をしなければなりません。墓地が必要なくなったからといって、転売をしたり人に貸したりはできないです。お墓を処分することはあることですが、墓じまいに至る経緯は様々な理由があります。

次の記事へ

カテゴリー

ページトップへ