横浜周辺で霊園をお探しの方向け~サイト比較 


TOP > 横浜の霊園について > 横浜の霊園でのお墓は何よりもご先祖様を大切にする心が重要

横浜の霊園でのお墓は何よりもご先祖様を大切にする心が重要

 人生を歩むうえで先のことまで考えると、お墓ということに行きつくので、横浜の霊園を検討する人も少なくはありません。霊園のほかにも寺院墓地などを選ぶこともできますが、寺院墓地は管理が全てお寺に託されています。お墓を建てる土地を手に入れる権利を契約ですることができますが、これはイコールで檀家となることなので、されなりの覚悟も必要です。お寺の檀家専用ということになりますが、檀家になったらお寺を一緒に守る立場となるので、その後のお付き合いにしても、寄付やお布施の義務があります。寺院墓地を選ぶことでお寺の檀家になりますから、子供や孫の代になっても供養は手厚くしてもらうことが可能です。供養や法要を行う際やお葬式の時なども、お寺の僧侶に親身に相談に乗ってもらうことができますので、そういったシーンになっても安心感があります。寺院墓地の場合は特定の場所ではなく、比較的いろんな場所にあるので、交通の便が良い場所だとか、自宅の近くなど選びやすいです。

 ご先祖様を敬い大切にする心が、お墓の相を良いものにするという意識が大事です。横浜の霊園での契約をしてお墓を建てる際に、墓相を気にしすぎてしまうばかりに、全てのマイナス要因を無くしたお墓にするとなると、高額の墓石費用になります。さらに土地的なことで行っても、通常よりも墓地には広さが必要になるので、予算オーバーのサインも点滅しがちです。墓石の形状やサイズが多くの墓地では規定として決まっていますから、お墓の相における吉凶をクリアしてお墓を建てるのは、簡単ではありません。人相のように墓相を気にする気持ち持ちやすいですが、もっと大切なのはご先祖様への思いです。事あるごとにお墓参りをしたり、お墓をそうじしてきれいに維持したり、ご先祖様を大事にする行為と思いの方が重要ですから、心も持ち方次第でもあります。

 人生の終わりを自分の思い通りするのは難しいとしても、さまざまん準備をすることはできます。墓地の用意をするために、横浜の霊園を見学することもできますし、生前に位牌を作ることを考える人もいるほどです。故人を偲ぶ大切なものがいハイであり、生前に位牌を作っても良いものか、縁起なども踏まえて気になります。亡くなった人の戒名や仏名を記する木牌がいハイであり、故人の霊がそこには宿ると日本では昔から考えられていますし、認識ではそれが亡くなった人の対象です。お仏壇にはお位牌があり供養をするたびに、朝夕のお参りの際にも、故人を偲ぶ大事な存在でもあります。人間が亡くなってから位牌は用意をするのが一般的ですが、お墓を生前から立てる計画性を持つ人の中には、戒名も得て位牌を生きているうちに造りたいと考える人もいますが、これは全く問題はありません。位牌を生前に造る際には戒名の文字は朱色となり、縁起がよくて功徳も大きいのが逆修牌です。

次の記事へ

カテゴリー

ページトップへ