横浜周辺で霊園をお探しの方向け~サイト比較 


TOP > 横浜の霊園について > 横浜の霊園のお墓は和型墓石や明るい印象の洋型墓石も

横浜の霊園のお墓は和型墓石や明るい印象の洋型墓石も

 横浜エリアで霊園を決めたい人であれば、霊園の種類に関しても知識を高めているはずです。公営霊園を利用したい希望を持つ人も多いですが、その大きな理由の一つは安心感にあります。民間の企業が運営をしているわけではなく、運営は市町村や都道府県の自治体の委託する法人であったり企業です。公営とは異なり民間霊園の場合は、管理運営に関して不透明な部分も否めないため、自治体の委託は安心感の高さにつながります。まだ契約前の見学の際にも気が付きますが、公営霊園で出かけてみると、周辺には石材店であったり、墓石関連の展示場や事務所があるところがほとんどです。どの石材店を選ぶのか自由なのも公営霊園ですから、霊園が指定をする石材店の利用ができないとか、無駄に割高になることもありません。お墓の墓石は安いものではないですから、価格の安くて対応の良い石材店を、いくつか回って探すことができます。

 希望の横浜の霊園を見つけることができたら、ひとまずほっとしますが、墓地の使用規定がありますので確認は必須です。墓地の使用来て英は墓地のスタイルを決めるうえでも、特に気を付けるべきポイントになります。寺院墓地のケースでいると墓地のスタイルとして、許可を出しているのは和型の墓地の実です。墓地によりそれぞれで、利用が可能な墓石スタイルに一定の制限を設けているので、デザイン墓石にしたいとか、洋型墓石にしたいなど、リクエストを持つ人は使用規定を確認します。洋風だからといって、見た目がゴテゴテとしているわけではなく、シンプルなつくりの洋型墓石もありますので、洋型墓石のデザインでも良いお墓だったら、こうしたタイプを選ぶことも可能です。棹上部の形の違いがあるのが洋型墓石であり、オルガン型とストレート型があります。構造は洋型ですがいたってシンプルであり、和型墓石の方がはるかに凝ったつくりです。

 失敗をしない横浜の霊園でのお墓選びをするためにも、あらかじめかかる費用を把握しておくことです。一つのお墓を建てるにしても、墓石代や永代使用料など、かなりたくさんの出費になります。故人を思うとできるだけ立派なお墓を建てたい気持ちも頭をもたげますが、無理をして遺族が経済面で困るようでは、反対に故人も浮かばれないです。経済的に遺族にとってもできるだけ負担とならないように、公営墓地に民営墓地、寺院墓地などの選択肢も考慮して選んでいきます。現代では新しいスタイルのお墓も登場をしていますし、そのコンセプトにはできる限り経済的負担を減らすというのもあるので、故人にとっても遺族にとっても、最も良いお墓の購入を検討することです。お墓選びで失敗をしないためにも、あらゆるケースを想定しての情報を収集しておくと役に立ちます。

次の記事へ

カテゴリー

ページトップへ