横浜周辺で霊園をお探しの方向け~サイト比較 


TOP > 横浜の霊園について > 横浜の霊園を検討する際知ってきたい墓地使用料や年間管理費の相場

横浜の霊園を検討する際知ってきたい墓地使用料や年間管理費の相場

 長い人生を歩む上でも将来的なことを考えないとなりませんし、お墓のことにも意識を向けるときがやってきます。横浜にも良い霊園を探すことができますが、使用料などの費用面の目安を知るのは大切です。横浜に霊園の墓地使用料並びに、年間管理費の相場を把握する上での基本として、お墓を霊園に建てるためには、行くかの費用が必要になります。お墓の費用として墓石代がかかりますし、土地使用料である墓地使用料と、墓地の管理費用に当たる年間管理料の3つが必須です。金額は一律ではなく立地やお墓のサイズに影響をされますし、基本のお墓も高い買い物ですが、永代使用料の墓地使用料金は高めになります。マイホームを土地に建築することとは異なり土地の購入はしないのがお墓ですが、その代わりに墓地使用料を支払うことで借りる契約です。建築物や土地には一般的に更新がありますが、お墓の場合は更新制度はなく、借りる契約をするので半永久的な契約になります。

 墓地選びは横浜エリアも含めて、どこにあるか場所的なことがかなり重要視されます。単純に考えると霊園は、自分の住まいから近い場所にあれば便利と考えますが、いつ転勤などで引っ越すかはわかりません。地元密着型の会社に勤めて、地元の人と結婚をして、ずっとその土地に住む人もいますが、仕事によっては転勤が多い会社もあります。人生は人それぞれですので、転職を繰り返す人なども、霊園選びでは気を付けなくてはありません。霊園の場所はこれから先、自分の代だけではなく子供や孫にも引き継がれることですので、立地は選択時の高いポジションにあります。また立地のみではなく霊園の周辺の環境も意識をしてみること、選ぶ際には緑の自然に囲まれた場所だとか、希望をピックアップして選ぶのも良い方法です。ただ世の中は移り変わりますので、自然に恵まれた環境の場所に霊園があっても、やがて年月が経過をする中で、周りの開発が進んで環境が変わることもあります。

 横浜エリアにお墓を考えた時に、墓地と霊園の違いは何か、ささやかな疑問を持つ人もあります。まず原則的なことから言うと、霊園と墓地は同じものであるという理解です。墓地のある場所を普通に想像をしてみても、ほとんどの人がイメージするのはお寺であり、霊園になると少し離れた郊外にある、公園の様なお墓を思い浮かべることになります。墓地とシンプルに言ってはいますがそこには種類もあり、寺院墓地に妊営墓地、公営墓地などの種類もあり、区分けもあるのも墓地と霊園です。お寺が運営をしているのが墓地であり、檀家制度があるかないかが、霊園と寺院墓地の大きな違いになります。お墓をお寺に建てたいのであれば、そのお寺の檀家になるのは条件として必須です。墓地取得の権利は檀家制度により得られますが、それはお寺の護持義務を同時に追うことにもなるので、寄附金や修繕費なども出すことになります。

次の記事へ

カテゴリー

ページトップへ