横浜周辺で霊園をお探しの方向け~サイト比較 


TOP > 横浜の霊園について > 横浜の霊園を決めてお墓が完成するまでの遺骨の保管

横浜の霊園を決めてお墓が完成するまでの遺骨の保管

 横浜の霊園を決めたのは良いものの、お墓が完成するまでには一定の時間が必要ですし、そのあいだ遺骨はどうしたらいいのかという疑問が出てきます。遺骨の保存は霊園を決めるのと同じくらい問題になることであり、自宅で保管をするべきなのか、納骨堂での仮納骨をするべきなのか、とても迷うことです。お墓の建立のことを生前から準備していれば、こうした問題は起こらないですが、準備が終わらないまま最後を迎える人の方が多いのが一般的になります。手元供養は遺骨を自宅で安置をして故人を供養すると決めているなら、こうした問題はありません。出もお墓がまだ決定をしていないのであれば、遺骨の埋葬はできませんので、一時的に 遺骨を預けていくか、ほかの対処としては自宅保管もあります。いずれにしても一時的なことですので、家族との話し合いで保管場所を決めることです。

 お墓をどこにするか決めるときに、霊園の横浜は良い場所を選ぶことができますし、近くの寺院墓地を選ぶのも一つです。霊園と異なるのが檀家専用の墓地が寺院墓地のことであり、運営と管理は寺院が行っています。管理元も運営も寺院になりますので、寺院墓地はお寺の近隣の土地か、もしくはお寺の境内になります。利用者としてはお寺の信徒であること、宗派の檀家というのが前提での契約できる墓地です。墓地の利用をするのは基本になりますが、立場的には檀家になりますのでその勤めを果たす必要があります。檀家はお金の支払いをする立場になりますので、契約をする前には檀家としての費用を確認すること、管理費や永代使用料の金額も確認をすることです。ほかにも檀家となると何かとお金を出す機会が多くなるので、寄付金やお布施に関しても事前に確認をするようにします。寺院墓地は檀家になるためお金はかかりますが、その半面で手厚い供養をする期待は大きいです。管理人がいたり住職が住み込みでいるのであれば、エリア内やお墓の清掃を行ったり、管理面もきちんとしてもらうことができます。

 マイホームを選ぶときにも設備面は細かく調べてのことになりますが、横浜の霊園選びの際にも設備に関しての確認は十分に行います。街の中にある寺院墓地とは違い、最寄駅から少し離れていることも多い霊園は、自動車で訪れることも割合として多めです。マイカーで訪れた時に霊園に駐車スペースが無いと困りますから、霊園には駐車場が完備をされていたほうが助かります。お墓参りの時にはお肌をお墓に飾りますので、そのための水が汲める脂肪施設はあってほしいですし、歩いて疲れた際に休める、休憩所もないよりはあると便利です。お墓だけのお付き合いでお参りではなく、霊園に法要施設もあれば今後も何かと便利な利用ができます。施設のレベルの高さをお墓に求めるとしても、そこまれハイレベルなことを希望する人はあまりいません。ですが実際に民営霊園などの場合は、民間企業運営で利益も関わりますので、霊園内に売店があったり、レストランがあるなど、設備の充実ぶりに驚くこともあるほどです。

次の記事へ

カテゴリー

ページトップへ