横浜周辺で霊園をお探しの方向け~サイト比較 


TOP > 横浜の霊園について > 横浜の霊園巡りや見学の際にもマナーを守ることは大事

横浜の霊園巡りや見学の際にもマナーを守ることは大事

 国内には数多くの霊園がありますし、横浜にも霊園はありますが、霊園や墓地は勝手に造ってよいわけではありません。あまり知られてはいないですが墓地の厳しい規制がありますし、自動式納骨堂に関しては駐車場問題も見え隠れしています。さまざまな規制があるのが、霊園や墓地であり墓地開発のためのな条例もあるので、簡単に場所があるから造れるものではありません。緑地化義務においては土地の敷地面積のパーセント以上であること、通路幅基準は幅が1メートル以上はあること、それに駐車場設置義務がありますので、それは墓地区画総数の5パーセントです。ほかにも建設に関しては条例がありますので、霊園や墓地を安易に造ることは不可能になります。その昔お墓と言えば暗いイメージでしたら、条例により敷地面積の20パーセント以上は緑が必要なので、緑の自然豊かな明るいイメージにすることが可能です。

 墓地をどうするか考えたら、横浜での霊園巡りをしてみて、実際に霊園を見学するのは良い方法です。そんな霊園巡りをするときにも、公共の場所でもありほかの参拝者もいるので、マナーを守るようにします。今の霊園は緑豊かで広く美しい公園のようですから、見学の際もつい羽目を外してはしゃぐことも考えられます。しかし故人が眠る霊園は慰霊のエリアであることを忘れたはいけませんし、霊園巡りをする際にも節度を守り散策をするのがマナーです。中心地から離れた場所にある霊園では、車でも来場可能な駐車場完備の霊園もありますが、中には駐車場のない霊園もあるので、マイカーで一定以下は事前に確認をします。霊園内での道路横断の時には、車の通行はないかを気を付けること、墓所内に関しては使用者の許可なく、勝手に入らないことです。すでに霊園との契約をしている、お墓参りの参拝者もいるので、ほかの人の迷惑にならなうように散策をします。もしも園内でゴミが出た時にはそのままにはしないで、自分で出したごみは必ず自分で持ち帰ることです。

 現在では国内においても横浜にも霊園は多いですが、一昔前に多かったのは寺院の方です。霊園を回春するような資金力のない寺院の場合だと、資金を持つ開発業者や石材店へ名義を貸すことで、寺院では手数料を得るという業者の、販売や開発がはやったことがあります。現代では民間霊園が増加をしており、墓地の契約なったものの、近隣の住民との問題も増えているめんはいなめません。近年の墓地開発においても紛争が発生を死体が発生をしたため、メイン経営者となる宗教法人に対して、霊園開発をするなら50パーセントの開発費を出すことを、横浜市では条例として決めています。足りない分の資金に関しては、借り入れは金融機関からのみになるので、業者による名義貸しでの霊園開発は、今ではすることができません。

次の記事へ

カテゴリー

ページトップへ