横浜周辺で霊園をお探しの方向け~サイト比較 


TOP > 横浜の霊園について > 横浜の霊園選びは本人の状況に合わせて選ぶ

横浜の霊園選びは本人の状況に合わせて選ぶ

 まだ働き盛りの年齢層であれば、お墓や霊園のことはあまり頭には浮かびませんし、シニア世代になってリタイアしてから、ゆっくり考えればいいというのも一つの考え方です。ですが今ではお墓のことも割と早めに考える人は少なくはなく、横浜の霊園に監視を持ったり、見学に出かけたりという、行動を起こす人も増えています。横浜の霊園を将来的に考えるのであれば、まだ自分が現役で仕事をしていても、早すぎると考える必要はありませんし、本人の状況に合わせた墓地を選ぶことです。漠然と霊園は宗派だとか、宗旨に関しては太いだと考える人は結構ありますが、全ての霊園で宗教関連で太いなわけではありません。思い込みで申し込みをしてしまう前に、事前に霊園所宗門宗派などの受け入れをかくにんすることです。自分の信仰をする宗教や宗派のことももちろん、費用面やお参りはしやすいかなども含めて、トータル的な判断で霊園選びをします。

 国内にも横浜にも墓地や霊園がありますが、お寺が運営をしているのは墓地の方です。将来的なお墓のことを考えると、どちらも同じ様でありながら、何か違う面がありそうと漠然と感じる人は多いですが、違いは檀家制度になります。寺院墓地を希望する人の場合であれば、そのお寺との長いお付き合いとなる、檀家になることが必須条件です。墓地をお寺に取得できる権利の檀家制度ですが、同時にお寺に関わる費用面に関して、ことあるごとに負担もしなくてはなりません。お寺にお墓を持つことができますが、一般のサービスのように最初にお金を支払ったら、あとはこちらが有利な立場というわけではないです。墓地をお寺に持つことはできますが、そこからは半永久的なお寺の支援者ともあることを忘れてはなりません。支えていく立場になりますので、そのサポートはすべてお金で賄うことになります。

 バラエティーに性に富んでいるのは民間霊園の方であり、横浜の霊園でも見つけることはできますし、検討をする人も多いです。公営墓地と比べてみると利用のしやすさも感じやすく、宗派や宗旨不問の墓地が多いのも特徴になります。仏教だけではなく、キリスト教徒のお家であろうとも神道であっても、何の問題もなく霊園内にお墓を建立することが可能です。現代の石材やの手掛けるお墓のデザインは、かなりバージョンが多いですし、洋風のお墓にも人気が高まっています。そんなデザイン性に富んでいるお墓を利用することもできますし、日本に居ながら西洋映画に出てくるような、洒落たデザインの墓石を建立をしても大丈夫です。民間墓地では新規募集を行っていますが、霊園内の墓地区画がすべて埋まるまで募集をしています。随時の募集があることからも利用にしやすさがうかがえますし、造営もあるので希望地を比較して選ぶなども可能です。

次の記事へ

カテゴリー

ページトップへ